top | 206XS | 306XSi | drive | topics | cameras | bike | blog | mail

206xs | Way | About | Oil | Wiper | AirCleaner1 | AirCleaner2 | GPS
PowerMeter | Rear break | FAQ | Torque | QuickShift | Silencer | hid
pollen | plug | tire | MP3 | ETC
back

ナビの取り付け



まずナビの選定ですが、バイクにナビをやってみたかったのでPanasonicのKX-GT100Vになりました。(単純!)



アンテナの取り付け1
アンテナはWebで見た人のページを参考に、エアコンの空気取り入れ口の下に取り付けることにしました。
まずは意味の無い(笑)プラスチックカバーを外すために、ゴムパッキンを外します。
アンテナの取り付け2
このあたりに置きます。本当は屋根の上など、見晴らしの良い場所が最適なのはわかっていますが、 実はここでもボンネットの穴があるし、GPSアンテナは大きな鉄板に接することで感度が上がるそうなので、 この場所でも実用上問題ない程度に衛星を捕捉してくれます。
アンテナの取り付け3
プラスチックの蓋を戻せば何もわかりません。(^-^)
線の取り回し1
アンテナのラインを室内に取り回すのですが、エンジンルームから室内にちょうど良い穴が通じていないようなので、仕方なくドアを通すことにします。
そのため、まずはボンネットとフェンダーの隙間を通します。
線の取り回し2
ドア側にこのように何とか線を持ってきます。
線の取り回し3
このように一度ドアのパッキンに挟んであげることで、 遊びをなくして、雨水の浸入も防ぐことが出来ます(?)
ナビ取り付け部分
運転席周りの足元はABSペダルに万が一にも干渉したりしないように慎重に配線を取りまわし、 一度助手席側に持ってきてから、他の電源などの線と一緒にナビ本体までつなげました。
完成!
このような感じでナビが着いています。
取り付けにはナビについてきたステーではなく、エアコン吹き出し口に固定する汎用品を使用しましたが、 意外としっかりついています。


この記事は参考になりましたか?
大変なった 少しなった ならなかった
コメントもどうぞ

 now  visiter(s)
All Right Reserve, Copyright(c) 2002 206XS.com