top | 206XS | 306XSi | drive | topics | cameras | bike | blog | mail

206xs | Way | About | Oil | Wiper | AirCleaner1 | AirCleaner2 | GPS
PowerMeter | Rear break | FAQ | Torque | QuickShift | Silencer | hid
pollen | plug | tire | MP3 | ETC
back

Peugeot206xsにSebringのマフラーを装着



 マフラー交換は特に予定していたわけではないんです。
306のときにセンターストレート、リアにデビルのXLをつけていたら、 かなりうるさい車になってしまって、 高速巡航時には車内の会話は声を大きくしなければならない状態だったので、 もううるさいのは勘弁!と思っていました。
 しかし、なんだか純正のマフラーの出口って小さくて迫力ないし、 なんだか格好悪いんですよねぇ〜
 そこでたまたま見ていたYahooAuction!で安価な物を見つけたので、 思わず落札しちゃいました。
 その元オーナーの方は取り付けたはいいけれど、 あまりにも静か過ぎたので、すぐに取り外してしまったそうなのです。  装着して1,000kmも走っていないそうで、大変綺麗なものでした。
 これは私の条件にまさにピッタリです!

 さて、ブツが届いて、マフラーの取り付けはとても簡単なので楽勝♪と思っていたら、 なんと、フランジ部分の部品が欠品していました。
 元オーナーの方に相談すると、マフラーを交換したショップなどに問い合わせしてくださり、 どうやらその方が新しくワンオフで作成したマフラーを取り付ける際に、 流用してしまったことがわかりました。
 返品してもいいと言ってくれたのですが、 どうしても取り付けしたくなってしまって、いろいろ手を尽くしてみました。
(元オーナーの方は終始とても親切に対応してくれたので助かりました)

 最初にBLで聞いてみると、その部品は純正では存在していないらしく入手不可。
次にA.P.R.で聞いても、単体では買うことは出来ないとのこと。
どうしても取り付けるなら、純正のフランジ部分を溶接してしまうという方法があるそうですが、 純正マフラーも取っておきたいし、工賃も結構かかるのでそれは避けたいところです。

こ、これは…返品かぁ…?!Σ(゚д゚lll)

 さて、策が尽きていよいよ困ってしまったのですが、 ダメモトでマフラーの輸入代理店の本社に直接電話してみました。
 すると、「えぇありますよ。ただ直接ではなく取扱店さんを通してください」 とのお返事を頂きました。ラッキー!!!

 早速、A.P.R.に電話して、「かくかくしかじか」と伝えたところ、 すぐに折り返し電話がかかってきて、「やっぱり売れないそうですよ」とのお言葉…
 どうやら違う部署とやり取りしていたらしいので、 私が連絡した電話番号を伝えて、もう一度連絡してもらいました。
 そうしたら、ようやく売ってもらえる事になりました!一件落着!

パーツは翌日に入荷したので、すぐに取り付けることができました。

それにしても代理店の本社と営業、ショップの対応って、 それぞれ違うものですねぇ。
A.P.Rの大竹さんもその部品だけ入手できると思っていなかったらしく、驚いていました。


Before
マフラー交換前です。ノーマル状態ですね。
純正のマフラーはフィニッシャーがついているだけで、ショボいです。
純正マフラーのクローズアップ
このように貧相な太鼓からパイプを曲げて無理矢理下に持ってきているのがわかると思います。
これじゃあ抜けも悪そうですね〜
フランジ部分
純正マフラーはこのような形で取り付けられています。
国産と違ってフランジ部分にガスケットは無く、広がったフランジをカシメているだけです。
純正とセブリングの比較1
入手したセブリングのマフラーは太鼓部分がとても大きいです。
これ、実は206CC用のものなんですが、XSにもそのままつけられるのです。
本来のXS用は純正と同程度の大きさなのですが、 CCはボディの防音性が低いので、マフラーの防音性能を上げているのでしょうか?
あまりに大きいので、もしかしたらスペアタイヤに干渉するのでは?! なんて要らぬ心配をしてしまいました。(CCはスペアタイヤ無し)
純正とセブリングの比較2
エンジン側の比較です。
太鼓の断面が台形なんて面白いですよね。
純正とセブリングの比較3
横からの比較です。
若干、セブリングのほうが長いみたいですね。車検大丈夫かなぁ?はみ出さないよね?
マフラーに張ってあった紙
セブリングはオーストリアのメーカーらしいです。
ヨーロッパ車を中心に結構な種類を出していて、二輪用もBMW向けに出しているようですね。
フランジ部分比較
問題のフランジ部分です。
見ればわかるかと思いますが、純正は先が丸まっていますよね。
一方、セブリングは広がっているので、 中間パイプとの間にそろばんダマのようなリングを入れなければなりません。
そろばんダマ1
これが欠品していた部品です。
なんと3,000円なり
A.P.R.で仕入れ価格見たら1,200円だった(^^;
そろばんダマ2
旋盤あったら10分で作れますね(w
吊りゴム1
さて、早速取り付けです。まずはゴムにステーを突っ込んで吊りましょう。
こちらはスペアタイヤ側です。
取ったり入れたりするのには、古典的な石鹸水でもいいですが、 556を吹くと簡単に取り外しできます。
吊りゴム2
こちらはタイヤ側。純正のゴムは結構やわらかいので、 この大きなサイレンサーではもしかしたら結構揺れるかも?
まぁダメなら取り替えればいいや。国産用の流用しちゃえばOKだし
フランジ部1
ゴムで2箇所を吊ることができたら、後はフランジを留めれば終わりです。
フランジ部2
純正と違って両方とも口が開いていますので、 ココでフランジリング(って呼んでいいのかな?)を間に嵌めます。
フランジ部3
リングを入れたらあとは締め金具を固定部分にかぶせて…
フランジ部4
ネジを締めていきます。
このネジは16mmです。(もちろんインチサイズなので誤差がありますが)
フランジ部5
ここできつく締め付ける前に、マフラーとバンパーの位置がしっくりくるように決めておきます。
そうしないと明後日の方向を向いたマフラーになってしまいます。
ちょうどいい向きにマフラーをセットしたら、そのまま膝などで押さえながら締め付けます。
完成!
マフラーエンドはバンパーより少しはみ出しています。
このはみ出しが微妙なんですけど、車検大丈夫かぁ?
After
このとおり、後からの眺めが少し男らしく(?)なりました。
もう一度Before
上の写真と比べてみてください
エンド部は101mmらしいです。
90mm程度のものもありますが、それとあまり変わらないかな。

◆10分インプレ(音質編)◆

 装着後、イグニッションを回し、エンジンをかけると…「ブ、ブーン!」… はぁ?いつもと変わりないんですけど。。。(笑)
 次にアクセルを軽くブリッピングしてみると…やっぱりあまり変化は感じられません。
 そこで車体の後ろに回って、排気音を聞いてみると、少し違いがわかりました。 アイドリングは少し「ボッボッボッ…」という低音が強いみたいですね。
 ドアを開けっ放しにして、車に乗らずにアクセルだけ踏んでみると、 これまでより少しだけ太い音が聞こえるような気がします。
 しかし、気のせいといわれたら、あぁ気のせいか。と思ってしまうくらい、 微妙な変化でした。

 なるほど。これでは前のオーナーも手放す訳ですね〜(^^;
 私のように「音は変わらなくていい」なんていう奇特な人でもなければ、 全くといっていいほど音の変わらないマフラーに取り替えても、 あまり嬉しくないですものね。

 しかし、控えめではありますが、低い音域が若干強調されました。 エアクリ交換でのトルク感のある音が増加されて、 なんちゃてチューニングカーとしては上々だと思いす。

 さて、室外だけでなく室内の音も気になるので、走らせて見ました。 せっかく外が静かでも、室内がうるさかったら逆効果ですからね。
 そうしたら、室内では本当に交換したことは気が付かないくらいに静かでした。 きっと妻はいわなければ気がつかないでしょう。しばらく黙っていよう…(笑)
 まぁ、音に関しては実際に聞いてみてください。

マフラー近くでのエグゾーストノートSound(WMA32kbps-107KB)

純正マフラーの排気音Sound(WMA32kbps-123KB)
※吸気音などはエアクリーナー交換のページも参照ください(Link)


◆10分インプレ(パワー編)◆

 さて、音の変化があまり無いことがわかりましたが、 せっかくパワーメーターがあるので、次はパワーチェックです。
交換前と交換後に同じところを実際に走行してみて、パワーをチェックしてみました。
測定は2速1,000rpmでクラッチミートして、そのままレブリミットまでベタ踏みです。

パワーチェック
赤が交換前、青が交換後です。
はっきり言ってあまり変わっていません。
それどころか中速域(3,000rpm程度)でトルクの谷が出来ていました。
まぁ微妙な値なのでほとんど誤差の範囲かな。

 上記のように数字では若干のダウンになっていましたが、実際に乗ってみると、 中速域が強くなったように感じたんですよね〜
 人間の感覚がいかにいいかげんかわかりますね。 音が多少変わったので、プラセボ効果が上乗せされたんでしょう。
 ともかく、これで見栄えもよくなたし、音も派手ではないので、 目的は達成できました。メデタシメデタシ!


2003.12.19:記載 - 16,290km走行時
この記事は参考になりましたか?
大変なった 少しなった ならなかった
コメントもどうぞ

 now  visiter(s)
All Right Reserve, Copyright(c) 2002 206XS.com