■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年10月 次月>>
■Twitter■
■AD■
↓家電が何でも安い!↓
家電エクスプレス(ケーズ電気系)
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■COUNTER■
  •  now  visiter(s)

最近気になるモータージャーナリストがいるんだよね。

 川端 由美(かわばた ゆみ)さん

この記事をまず見てくださいよ。ザッとで良いですよ。

軽自動車対決 三菱・i(アイ) ダイハツ・エッセ ホンダ・ゼスト スズキ・MRワゴン





まず、記事の内容の前に、最近この“エッセ”と言う車が気になっているんですよ。うちの目の前の家が駐車場からはみ出している巨大なステップワゴンから、小さなエッセに乗り換えたんですよ。この台形のシルエットと、リアタイヤの位置がすごく後ろの隅にあるのが、ルノー・クリオ1みたいなイメージに写るんですよね。ちょうど、愛車が入院して代車に借りたカロ2にうんざりしつつも、その軽さだけには感動したこともありますねー。
しかもこの車のECOと言うグレードはなんとMTなんですよ。ボディも700kgしかないし、エンジンはオールアルミブロックの最新型。スーパーインテリジェント触媒で環境負荷も最低限。燃費も26km/lと堂々たるモノ。
ひょっとしてイジくってエンジンブイブイ回して走ったら、ホンダ・ビートの様に楽しいんじゃないだろうか?と思った訳ですよ。実際、ビートは760kgに64psなので、700kgに58psのエッセはほぼ同等で12kg/psのパワーウェイトレシオになるんだよね。良いじゃん良いじゃん!


と思って、その勢いでディーラーに行って試乗しちゃったんだけど、営業の方は「失礼ですがお客様、軽自動車を所有した事は?」「(私)え、ないですよ」「外車から軽自動車に乗り換えて、満足されるかどうか…」とボヤいていましたが、そうじゃないんですよ。人にもよるけど私はガイシャが欲しくて外車に乗ってるわけじゃない人なのでね~♪




本題に戻って川端さんの記事をみると、この方もアルファロメオにお乗りじゃないですか。
それでもってエッセの記事で書いている事が本当に共感できるんですよ。私が思っている事をそのまま書いているよ、この人!って思ってしまいました。
総評では僅差で三菱iを選んでいたけど、軽自動車らしさと言う意味ではエッセとのこと。そうだよ。エッセは軽自動車の枠の中で、ターボもなし、背高ノッポでも無い、価格も無理していない。すべての面において純な軽自動車なんだよ。


普通の車でMT車が無くなって、国産メーカーからつまみ出されてしまった私が、常日頃から思っている事は「もし国産車に乗り換えるとしたら、スバルの車か軽自動車だな」ということです。スバルは水平対向エンジンとかマニアックな技術がそそるじゃないですか。普通のグレードにMTもラインナップしてくれているし。それと、軽自動車も割と普通のグレードにMTが設定されているんですよね。
それと、何ていうか、軽自動車って日本独自の規格なので、日本でしか乗れないじゃないですか。そんなバリバリ日本の文化を安価に味わえるのは嬉しい事です。そういう意味ではマツダのロードスターも日本では安価に乗れるので、候補に入れたいけど、見た目そのままスポーツカーって言うのがどうも私の好みじゃないんだな。普通で良いんだよね。


あと、環境性能はとても大切。
車と言う趣味を続けたいからこそ、無駄にガソリンを消費しない。
あたりまえの事を究極に追求した車、エッセはそれにかなり近いと思うんだなぁ。
川端さんも環境にはとてもこだわっている様子。
未来を見ている人だね。




最後に、彼女の記事をいくつか載せておきます。
【世界のドライブコース】 箱根のドライブコース
「もったいないバッグ」を持って買い物に行こう!
EarthDreaming放送内容(2005年12月4日、11日)

| 環境 | 10:44 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑