■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2022年01月 次月>>
■Twitter■
■AD■
↓家電が何でも安い!↓
家電エクスプレス(ケーズ電気系)
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■COUNTER■
  •  now  visiter(s)

前回のトヨタiQについてのエントリーを書いて以来、ニュースサイトやBlog・コミュニティサイトなどを見て周っていますが、色々な反応があって楽しいですね。でもあまり反応は多くないというのが実感かな。エコは社会的には大きな存在だけど、個人にとってエコカーというのは、スーパーカーに比べたらまだまだ弱い題材なんでしょうか。GT-RよりもiQの方が圧倒的に魅力的に感じる私は変態と言う事できゅー

っていうか、ニュースに対してBlog書いている人って、自分のコメントは1~2行程度の人が如何に多いか!!!
そんなものゴミでしかないだろう。あ、もちろんここだって丸ごとゴミですけどねwwwにかっ

さて、そんな中で一番興味深かったのは2chのスレですね。前スレは既にdat落ちしていたけど、怪しい情報や人の本心が見えて楽しいです。

【TOYOTA】 iQ Part2 【最小コンパクト】

このスレから面白い物を、ちょっとまとめてみました。



まずは燃費について。
燃費が10・15モードで22.5、JC08モードで20.8とのこと。

ほぅほぅ。ホリデーオート増刊に書いてあったのかな?
これはなかなかいい線かもしれないね。けど、もうちょっと頑張って欲しいなぁ。

第一、10・15モードで言ったら、たいぶ前のエントリーに書いたダイハツのエッセが26km/lなんだよ。しかももう絶版だけど、ダイハツのミラVという直噴エンジン+アイドリングストップ機構が30.5km/lだったから、全く無理と言う数字じゃない。だけど安全性のためにボディは重く、エンジンも1,000ccになるということを考慮すると、直噴+リーンバーンなどの技術を盛りだくさんにして、さらにMTだったとしても10・15モードで28kmがいいところじゃないかな。JC08ではなんとなく24kmも行けば良い方なんじゃないかと。

次はスケジュール情報
開発コード 630L

記者発表 10月中旬
ラインオフ 11/10
店頭発表会 11/22,23

本当かな?まぁ2chの情報なんでテキトーに聞き流してください。

上の燃費情報に対してこんな意見も
10・15モードとJC08モードの差が割りと小さいとこに実燃費を期待。

確かに。でも上の数字はエコエンジンにしては開きが無さ過ぎる気がする。
これまでの10・15モード狙いだけでチューニングしたエンジンは、燃費が良ければ良いほどその差が開くのはあたりまえ。
逆にいえばJC08狙いだと、10・15モードではこの程度になるって言う事でしょうか。それはそれで面白い。

その燃費情報に対して…
だめじゃん。
こりゃ売れないわw

あはははは!俺もそう思うわwww
はっきり言ってこの程度の燃費じゃビッツ以下だし、エコカーと言うプレミアム感ゼロだろ。
よって、さすがに上に書いてある数字は無いと思うなぁ

さらに、
“Intelligent Package”装着車は24.5km/Lとなります。
のヴィッツより小さくて軽くて新エンジンなのに負けるとかナニコレ

そうそう。その通り。それは無いよなぁ。

このサイズと基本二人乗りということを考えると最低でも実燃費25キロ以上じゃないと、このクルマのメリットはなにもない!ただのコンパクトカーで終わる。

激しく同意!!!
“実燃費”というのが重要。JC08でもまだ実燃費以上に出てしまう傾向があるから、JC08で25km/lは越えて欲しいところ。
しかし上にも書いたけど、23km/l程度止まりじゃないのかなぁ…

後は実燃費がいいという妄想を膨らまし
結局裏切られる訳ですよ

やっぱりぃ~?
燃費がいいと困る奴がいるみたいだなw
どんなに燃費よくてもアンチじゃ買えないしw

トヨタファン(?)の登場ですね。
このテの車は実燃費大したことない
プリウスがいい例

プリウスも燃費走りしないと、特に突出して良い訳じゃないからねぇ。あんなにパワー無ければもっと良くなったんだろうけど、それじゃ買わない日本人が哀れ。
フォルクスワーゲン 1Lの蔭に隠れそう…

ttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080529_vw_1l/

ほほぅ。こいつは面白い!しかも格好いい!

価格情報も。
230万
ナビ+60万

いや!ありえないでしょ!それは!!!
プリウス買えるよ!w

実燃費30kで130万でよろしく☆

そうだね、そのくらいが良いな。

安全性について
トラックに追突されたら苦しまずに逝けそうだな

それはいえるな。リアエアバッグを開発(開発って言うなw)したらしいけど、気休めじゃないのか?

エンジン形式
「1NR-FE」だよ

なるほど。新型エンジンね。軽量化を画期的な方法でやれば30km/lは普通に出るかもね。

新説
はい、ここまでR1のパクリ発言なし。つかR1のガワだけ変えて出すのかそうか

なるほど。そういうことか。納得w

また燃費情報
さっき別冊ホリデーオート見たが、しかしiQの燃費にはガッカリだな。
おそらく実燃費は18キロ前後だなこりゃ・・・。

やっぱりそうか。でもカタログスペックもビッツ越えられないなら存在意義は無いんじゃ???

とりあえず今日のところはここまで。

それより何より気になったのは、さっき上で出てきた「VW 1L」と、下の「APTERA」。
全天候型電動orハイブリッド3輪、「APTERA」の予約受付が開始
ちょっとこれすごくないか?!
次期マイカーはこれだなwww


さて、最後に2chよりも怪しい事ばっかり書いているといわれるJ-castニュースの記事も引っ張ってきました。
走行1キロメートル当たりのCO2排出量の目標は100グラム以下で、ハイブリッドカー「プリウス」の104グラム(EU基準)を下回り、トヨタ車で最低。燃費性能はプリウスを上回る。10・15モードより実際の走行に近いといわれる新しいJC08モードでプリウスはリッター29・6キロメートルなので、iQがリッター30キロメートルを超えるのは確実だ。
プリウスしのぐ燃費30キロ超 トヨタの超小型車「iQ」

トヨタは「CO2排出量の目標は100グラム以下」と、あくまで「目標」のことを言っているのであって、しかも燃費については言及していない。プリウスよりCO2排出が少なければ燃費も良いと考えられるけど、JC08でプリウスを越えるとは憶測の域を越えて妄想としか言えないと思うよ。そもそも、初めに書いたけど画期的な技術開発もナシにビッツからいきなり2割の燃費UP?それを「確実」ですか?さすがJ-cast。

と言いつつも、実際は上に書いたように、ミラVの技術+αで30km/lなら実現可能なレベルだと思うけど、逆に軽自動車でさえ実現できている事だから、驚くべき事でもないよな。

思うに、ミラVがやったけど本体価格が少し高いために売れなかったことを、トヨタは資本力を生かして、“それ”とわかる形に積み、さらにちょっと高くなる価格に見合うだけの質感を備え付ければ、プリウスの様に爆発的に売れることを考えてるんじゃないだろうか。スズキのツインはそれをちょっと中途半端にやっちゃったのと、“スズキだから”あまり売れなかった。これはトヨタがやれば売れる気がする。キワモノだった物がトヨタが作れば新ジャンルとして定着する。それを狙っているんじゃないだろうか。
そう考えるとトヨタはとても良いところに目をつけたと思う。他人の失敗を良く見て糧にしているし、そこに自分の持っているエッセンスを入れたら成功する事も良く知っているんじゃないだろうか。

ともかく、早くこの30km/lカーを見て、乗ってみたいなぁ。
| | 11:25 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑